タイトル
Visual BasicからMySQLデータベースへ接続する。

区分
Visual Basic

環境とバージョン
OS:Windows Vista Home Premium SP2
開発環境:Microsoft Visual Studio 2005
MySQLコネクター:mysql-connector-net-6.2.2

解説
VisualBasicからMySQLデータベースへ接続する参考例。
事前に.Net用のMySQLコネクターをインストールする必要がある。

ステップ1−MySQLコネクターをインストールする
MySQLコネクターをMySQLのサイトよりダウンロードする。
※ダウンロードに際しユーザ登録とログインが必要となる。
http://dev.mysql.com/downloads/
ダウンロードしたファイル:mysql-connector-net-6.2.2.zip
ファイルを解凍しインストーラ(mysql.data.msi)を実行する。

ステップ2−プロジェクトの参照設定を行う
プロジェクトの参照設定でMySQLのライブラリの参照設定を行う。


ステップ3−ソースをコードを作成
Imports MySql.Data.MySqlClient

Module MySQLConnect
    Public Function getDataCount() As Long
        '変数宣言
        Dim cn As New MySqlConnection
        Dim com As MySqlCommand
        Dim DataReader As MySqlDataReader
        Dim DataCount As Long
        
        '接続文字列を設定
        cn.ConnectionString = "Database=<データベース名>;Data Source=<ホスト名・IPアドレス>;User Id=<ユーザID>;Password=<パスワード>"
        
        'DBオープン
        cn.Open()
        
        'コマンド生成
        com = cn.CreateCommand
        
        'SQL文の記述
        com.CommandText = "SELECT COUNT(1) as DataCount FROM T_Code"
        
        'SQL文の実行
        DataReader = com.ExecuteReader
        
        'SQL文の実行結果取得(データ取得)_1行の場合
        DataReader.Read()
        DataCount = DataReader.Item("DataCount").ToString
        
        'SQL文の実行結果取得(データ取得)_複数行の場合
        ' Do Until Not DataReader.Read
        ' Debug.Print(DataReader.Item("F_Bid").ToString)
        ' Loop
        
        '終了処理
        DataReader.Close()
        com.Dispose()
        cn.Close()
        cn.Dispose()
        
        Return DataCount
    End Function
End Module

ソースコード
MySQLConnect.vb

最終更新日:2013/10/16